ニュース

ニュース

メディア掲載履歴

2011年12月20日

2011年Androidアプリランキング発表!! 無料通話アプリがNo.1に
~「震災」「絆」など世相を表すアプリも注目度高く~

株式会社ルクレが企画・提供している日本最大のAndroid情報サイト『アンドロイダー』が、毎月のアクセスデータをもとに2011年1月1日~12月16日まで算出した「人気Androidアプリ」に関するランキングを発表いたします。

2011年 年間ランキング発表!!

<<ツール部門>>

  • 【1位】Viber : Free Calls & Messages [通信]
  • 【2位】SiMi Folder Widget [HOME・ウィジェット]
  • 【3位】Super Box (10 tools in 1 app)  [タスク管理]
  • 【4位】電話帳R  [電話帳]
  • 【5位】1Tap Cleaner - cache/his/def  [タスク管理]
  • 無料通話アプリ「Viber : Free Calls & Messages」 がTOPにランクイン。利便性がユーザーに受け入れられたのはもちろん、2011年3月の災害時に電話発信規制やメール遅延の影響を受けなかったIPネットワークの有用性と堅牢性が高く評価されたとも考えられます。
  • 昨年につづき、人気なのは端末を自由にカスタマイズできる設定系アプリです。ランキングにはまだ入っていませんが、「エヴァンゲリオン」「ガンダム」など有名キャラクターのHOMEアプリや壁紙アプリが登場し、有料アプリにも関わらず高い人気を誇りました。
  • 全体的にAndroidならではのウィジェット機能が搭載されたアプリが上位を占め、ユーザーの利便性を考慮した機能が好まれる傾向があります。

【2011年 トピックス ~震災、絆関連アプリ~】

アプリをタイムリーにリリースできるというAndroid Marketの特徴が活かされ、2011年3月11日以降、地震速報や計画停電に関連するアプリが次々とリリースされました。アクセス数が特に多かったアプリをPickUpしております。

  • なまず速報 β
  • Viber : Free Calls & Messages
  • radiko.jp for Android v2 (NEW)
  • ライトと防犯ブザー 【Pray For Japan】
  • 絵PHONE箱
  • 「なまず速報β」や「ライトと防犯ブザー 【Pray For Japan】」は、1日あたり1~2万ものアクセスが集中する時期もありました。
  • 「絆」もひとつのキーワードとなった2011年を象徴するように、親子の絆を深める名作読み聞かせ絵本アプリ「 絵PHONE箱 」も。その他にも有料アプリである「家庭医学大全科」 が、急きょ「救命・応急手当の基礎知識」と称した無料アプリを配布するなど、人々の善意と温かさが伝わるアプリが多くリリースされました。

<<ゲーム部門>>

  • 【1位】Paradise Island [経営・育成シミュレーション]
  • 【2位】101-in-1 ゲーム [お手軽アクション]
  • 【3位】DanceDanceRevolution S [音ゲー]
  • 【4位】Imaginary Range [お手軽アクション]
  • 【5位】STAR BLITZ [シューティング一般]
  • 2011年のゲームランキングを比較すると、大手ゲーム会社の参入が急増。「DanceDanceRevolution S」 「Imaginary Range」などメジャーゲームが多くリリースされ、市場がより活性されました。
  • TOP5にはランクインしていませんが、昨今ではオンラインゲームの注目度が上昇しており、「Modern Combat 2: Black Pegasus」「Shadow Era」など世界中のユーザーと対戦できるゲームが順位を上げています。
  • 昨年と比較して大きく飛躍したのが、ゲームのクオリティです。3Dゲームが登場するなど質の高いゲームが数多く市場にリリースされました。

【2011年 Android市場の業界動向について】

本年は端末メーカー各社から多数のアンドロイド端末が発売され、昨年以上の契約者数を記録するなど「スマートフォン普及期」の本格的な到来を実感できる年となりました。

ハードウェアも飛躍的な進化を遂げ「デュアルコアCPU」「テザリング」「次世代高速通信(Xi、WiMAX)」端末が発売されるなど、アンドロイド端末はモバイルコンピューティングデバイスとしてひとつの完成形に近づきつつあり、スマートフォンならではのユーザエクスペリエンスの提供、コンテンツ拡充が期待されています。

アプリトレンドとしてはエントリーユーザーの多さを反映して、昨年以上にカスタマイズ系、フィーチャフォン代替ツール、ライトゲームなどが支持されていますがtwitter、facebookに続く新たなコミュニケーションツールとして、グループチャット、メッセンジャー、iP電話アプリの利用者が急増しており、 今後スマートフォンの定番ジャンルとなることが予想されます。

(アンドロイダービジネスユニット エヴァンジェリスト 佐藤進)

本件に関するお問合せ先:

株式会社ルクレ 広報 (担当)橋本、安田
TEL 03-5468-5252 FAX 03-5468-1250

ページの先頭へ