ニュース

ニュース

メディア掲載履歴

  • TOP
  • ニュース
  • 2013年
  • 安心なAndroidアプリ情報を無償提供する『アンドロイダーAPI』がスタート

2013年02月27日

安心なAndroidアプリ情報を無償提供する
『アンドロイダーAPI』がスタート
~国内大手MDM『SPPM2.0』と提携が決定~

株式会社ルクレの子会社であるアンドロイダー株式会社は、自社で企画・運営しているAndroidアプリ情報サイト『アンドロイダー』( http://androider.jp)で蓄積したセキュリティ審査済みの安心なアプリ情報をAPIを通じて無償提供するサービス『アンドロイダーAPI』を2013年4月よりスタートします。

『アンドロイダー』は、個人情報の流出などが問題となる不正アプリ防止への積極的な取り組みを行っています。アプリ開発者の身元確認を行う公認デベロッパー制度や、公認デベロッパーが開発し『アンドロイダー』独自のセキュリティチェックを行ったアプリのみを紹介する公認アプリ制度を設けています。
この取り組みにより蓄積した安心なアプリ情報の提供を求める要望がこれまでに多くあり、この度APIを通じて無償で情報提供を開始することになりました。『アンドロイダーAPI』のアプリ情報は日々更新されており、最新の情報を提供していきます。

 アンドロイダーAPIフロー

◆『アンドロイダーAPI』が提供するアプリ情報

・アプリ情報
新着アプリ情報、注目アプリ情報、総合/カテゴリ別ランキング情報(デイリー、週間、月間)
・個別のアプリ情報
アプリ名、開発者名、アプリアイコン画像、アプリ概要、画面スクリーンショット、カテゴリ、価格、
アンドロイダー内紹介ページURL、更新日、バージョン、言語、サイズ、SDカード移動可否、
ウィジェット有無 など

また、端末別、性別、年齢別、個人情報利用の有無等、個別の利用条件によるフィルタリングが必要な場合や、MDMとの連携などビジネス利用される場合は、有料にてアプリ情報を提供します。

【国内大手MDM『SPPM2.0』と提携が決定】

『アンドロイダーAPI』は、株式会社AXSEEDが提供する国内大手MDM製品『SPPM2.0』との連携が決定し、『SPPM2.0』の新オプションとして2013年4月より利用されます。企業が導入した端末を一括管理できるMDMにおいて取引先などの個人情報の漏えいは避けなければならない大きな問題です。不正アプリによる個人情報の流出が社会問題となっている現在、『アンドロイダーAPI』と『SPPM2.0』が連携することにより、端末管理者は安心して利用できるアプリの情報を得て、ポリシー設定を行うことが可能となります。

SPPM連携フロー

◆株式会社AXSEED 代表取締役 新明善彦様よりコメントを頂きました。
Androidアプリ情報サイト『アンドロイダー』は、アプリ開発元の確認を担当者が1件ずつ地道に行い、アプリについては自動検査ソフトによる客観評価に加え、人手による実使用評価を行う、世界で最も信頼できるAndroidアプリ評価サイトです。
今回の『アンドロイダー』と当社のSPPM2.0との連携による『アプリ・フィルタリング機能』の実現は、当社にとって光栄なことであり、またそれ以上にSPPM2.0をご利用の法人ユーザ様の大きなメリットとなることと確信しております。
『アンドロイダー』の貴重なアプリデータベースを参照できる『アンドロイダーAPI』の公開は、Androidを活用する上で非常に有益であり、Androidの益々の普及と発展にも大きく寄与するものと考えます。
 

株式会社AXSEED 代表取締役 新明善彦

 

【『アンドロイダーAPI』今後の展開】

安心なアプリ情報を必要とする企業(キャリア、端末メーカー、教育関連、セキュリティ関連)やメディアなどに広く利用されることを目指します。


 

本件に関するお問合せ先:

株式会社ルクレ 広報 (担当)阿部、安田
TEL 03-5468-5252 FAX 03-5468-1250 MAIL pr@lecre.jp

ページの先頭へ