• TOP
  • ニュース
  • 2015年
  • 監視カメラを活用した教育機関向け「アロバビュー講義収録システム」を開発

2015年05月18日

監視カメラを活用した教育機関向け
「アロバビュー講義収録システム」を開発
「講義収録ソリューション」としてソニービジネスソリューションより販売開始

株式会社ルクレの子会社である株式会社アロバ(以下 アロバ)は、監視カメラを活用した教育機関向け「アロバビュー講義収録システム」を開発しました。本システムは、ソニービジネスソリューション株式会社(以下、ソニービジネスソリューション)より「講義収録ソリューション」パッケージとして2015年7月1日に販売を開始します。なお、2014年度には早稲田大学様の約70教室に納入した実績があり、ご好評いただいております。


監視カメラ(ネットワークカメラ)の高画質化・高音質化により、講義収録システム市場は大きく変化しました。従来型のシステムは映像制作用機材をベースとしていたため価格が高額で、手動でのオペレーションも必要であったため、教育機関が導入する際、特定の教室のみに設置する設備となっていました。しかし、近年ネットワークカメラを活用することで、クオリティの高い講義映像をスケジュールに沿って自動収録できるシステムを低コストで導入することが可能となりました。収録した講義映像は、学校内での配信や講義内容の確認などに利用することができ、コンテンツとしての講義の価値をさらに高めることに繋がっていきます。


【「アロバビュー講義収録システム」の特長】

講義収録スケジュールと、記録した映像及び音声を一元管理するシステムです。 国内シェア7年連続No.1※1の監視カメラ録画システム「アロバビュー」をもとにしており、主な特長は以下になります。

① 圧倒的なコストパフォーマンス

ネットワークカメラの活用と機能を収録部分に絞り込んだことにより、1教室あたりの価格では従来型システムの1/5以下※2という大幅なコストダウンを実現

② CD並みの高音質とフルHDの高画質を実現したカメラと連携

音声圧縮方式にサンプリング周波数48kHz のAAC(Advanced Audio Coding)音声を採用したことでCD並みの高音質を実現し、最大解像度フルHD(1920×1080ピクセル) 1秒間に30コマの高画質で映像記録可能なソニー製カメラと連携 逆光補正機能「View-DR」により教室内スクリーン再撮も高画質を保持

③ 映像と音声の同期

「アロバビュー」の特長である映像と音声の同期により、ネットワークカメラによる講義収録を実現

④ 講義スケジュールに沿った収録の自動化

手動でのオペレーション不要 講義スケジュールに合わせて自動で収録が可能
収録後、映像を音声付のMP4形式に変換し、指定されたフォルダに保存

⑤ 優れた拡張性

カメラライセンス及びサーバーの増設により最大320教室(320カメラ)まで統合管理したシステム構築が可能なため、教室数の増加にも柔軟に対応


講義収録ソリューション

■講義収録ソリューション システム価格

<中規模システム構成例> 400万円(+税)~

高画質なフルHD映像で10教室の講義映像を同時収録可能な中規模システム
・収録解像度は1920×1080ピクセルです。(中~大規模教室向け)
・1日8時間収録で約1週間分の講義データを保存することができます。

主な構成品
ネットワークカメラ(SNC-VB630)  10台
アロバビュー講義収録システム カメラライセンス  10台分
講義収録レコーディングサーバー   1台
(ディスプレイ・キッティング費含む)


【今後の展開】

アロバは、ソニービジネスソリューションと共に、全国の大学・学校・塾・各種スクールなどへ本システムの導入を進めます。 また、様々なシステムと連携が可能なネットワークカメラのメリットを活かし、防犯以外の用途や、放送・映像制作用カメラの分野においてもソリューション展開を広げてまいります。

2015年5月20日(水)~22日(金)、東京ビッグサイトにて開催される「第6回教育ITソリューションEXPO」のソニーブースにて「アロバビュー講義収録システム」を紹介します。
教育ITソリューションEXPOサイト http://www.edix-expo.jp/

「アロバビュー」に関する詳細は、製品サイト(http://www.arobaview.com/)をご確認下さい。


    ※1 テクノ・システム・リサーチ社「2014年版ネットワークカメラ国内市場のマーケティング分析」調べ
    ※2 ソニービジネスソリューション従来システムとの比較による
    ※3 掲載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。


本件リリースに関するお問合せ先

株式会社ルクレ 担当:阿部・安田
TEL 03-5468-5252 FAX 03-5468-1250
E-mail : pr@lecre.jp

ページの先頭へ