2015年06月18日

NHKに「DigiBookフォトムービーシステム」を提供
難病ALSの認知拡大へ貢献
視聴者が自らの写真とコメントで応援ミュージックムービーを簡単に作成し、YouTubeへ公開

株式会社ルクレは、子会社である株式会社DigiBook(以下、DigiBook)の「DigiBookフォトムービーシステム」を、NHKに提供しました。視聴者がオリジナル応援ミュージックムービーをパソコンやスマートフォンで簡単に作成し、YouTubeへ公開することで、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を認知拡大するためのキャンペーン"Share Music"※1が、本日よりスタートします。


キャンペーンソング「Happy Birthday to me / 若旦那」に合わせ演出を加えたテンプレートに、写真とコメントをあてはめるだけで、誰でも簡単にオリジナル応援ミュージックムービーを自動で作成でき、そのままYouTubeへの公開が可能です。応援ムービーの最後にはALSの症状や認知の現状を伝えるスライドが入るため、このムービーがSNS等を通じて広く拡散されていくことでALSの認知拡大と理解促進を目指します。


このシステムを利用したモデルケースとして、宮澤佐江さん(SNH48・SKE48)とサヘル・ローズさんが作成した「応援ミュージックムービー」が、NHK「ソーシャル・グッド・プロジェクト」サイトで公開されています。


■NHK「ソーシャル・グッド・プロジェクト」サイト
  http://www.nhk.or.jp/sg-project/
■ShareMusic特設サイト
  https://sharemusic.digibook.com/als/
ShareMusic

【DigiBookフォトムービーシステムとは】

「DigiBookフォトムービーシステム」は、リッチなエフェクトとBGM自動カット割機能、超高速映像生成エンジンとオートスケールサーバー構成、SNSとの自動投稿機能により、誰もが簡単にハイクオリティなフォトムービーを作成、共有できるシステムです。DigiBookは2005年より10年間、42万人の会員を持つデジタル写真集共有サービス「みんなのデジブック広場」や市販楽曲が利用できるプロフィールビデオ作成サービス「レコフォトfor Wedding」を企画・開発・運営しており、そのノウハウを企業のキャンペーンやブライダル事業者、フォトスタジオ等に数多く提供しております。


■「DigiBookフォトムービーシステム」の特長

①楽曲に合わせた自動カット割り機能によりハイクオリティなムービーを簡単作成

リッチなエフェクトテーマ(テンプレート)と写真を選択するだけで簡単にハイクオリティなフォトムービーの自動作成を実現

最大の特長は、楽曲構成に合わせて、写真の枚数が自動設定されるカット割り機能

楽曲のAメロやBメロ、サビ等の位置のマーキングとテンポから必要な写真枚数を自動計算し、楽曲のテンポに合った写真の切り替えを実現するため、感動的なフォトムービーが誰でも作成可能


②超高速映像生成、オートスケールなサーバー構成で安定稼働

超高速映像生成エンジンを搭載しており素早く生成可能
大量アクセスにも安定稼働するサーバー構成でテレビ番組などのタイアップにも対応
他社映像生成エンジンと比較して、3倍の速度で映像を生成 ※DigBook調べ
大手ラボ年間1万件受注でエラー0%の実績


③YouTubeへの自動投稿機能でキャンペーン効果拡大

YouTubeや複数のSNSとのAPI連携により、作成したフォトムービーはYouTubeやSNSへ自動投稿が可能
作成したフォトムービーがSNS等を通じてネット上で広く拡散されていくことで、キャンペーン効果が拡大
「フォトムービー」というツールにより、既存の広告では難しかった消費者参加型のキャンペーンが可能



■「DigiBookフォトムービーシステム」イメージ図



【"Share Music"応援ミュージックムービー作成方法】

キャンペーンソング「Happy Birthday to me / 若旦那」に合わせて、写真13枚をアップロードし、コメントを入力、YouTubeへ投稿するだけの簡単3ステップで、オリジナル応援ミュージックムービーを自動作成し、公開できます。


3ステップ   作成画面   投稿画面



※1 "Share Music"は、NHK「ソーシャル・グッド・プロジェクト」が展開する、音楽を通して様々な社会問題への気付きを促進するための取り組み。第1弾は、応援ミュージックムービーにより、ALSの認知拡大・理解促進を目指す。
※2 各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。



本件に関するお問合せ先:

株式会社ルクレ 担当:阿部・安田
TEL 03-5468-5252 FAX 03-5468-1250
E-mail : pr@lecre.jp

ページの先頭へ